沖縄整理収納お片付け クリーニング後についてくるビニール袋について


突然ですが、クリーニング後のビニール袋をそのままにしてませんか?
これ絶対NGですよ。

ビニールをかけたままにすると、湿気を溜め込みやすくなりますので、カビや虫食い、変色やシミなどの原因になります。


家に持ち帰ったら、必ずビニールを外して仕上がりをチェックすることをオススメします。

これは絶対ダメダメよ!

では、仕上がりチェックとは?

○汚れがないか?
○シミがないか?
○縮みがないか?
○ボタンがとれていないか?
○ボタンが欠けていないか?

など。


早い段階で気づけば、クリーニング屋さんに対応してもらうことができます。


次のシーズンに気づいても、時すでに遅し。
になってしまうので、お気をつけ下さいね。


更にもう一つ、注意点がございます。
うるさくてごめんなさい。笑。


チェックした後に、タンスや押入にお洋服をぎゅうぎゅうに詰め込むのはNGです。


お洋服の収納の割合は、7割程度がオススメ。
多くても8割程度に抑えましょう。

とにかく、風通し良くしてあげることがポイント。
特にこの時期は、定期的にタンスや押入の扉を開けて、扇風機で風をおくって上げましょう。


沢山のお洋服を持つのも良し。
数を厳選するのもよし。


いずれにしても、自分がシアワセになる量にして、風通し良く大切に扱ってあげて下さいね。
ホコリよけのカバーを使う際は、不織布のカバーをお使い下さい。


次回は、片付けアドバイザーが実際に使っているハンガーをご案内します。
お楽しみに!



SNS でフォローする

沖縄お片付けリアンのオフィシャルSNSをフォローすると、
お片付けや講演などの最新の情報をお届けします

お片付け、講演についての問い合わせはお気軽に!

電話でのお問い合わせは(受付時間 10:00~17:00)
050ー5480ー5428